2017年6月22日木曜日

大分県埋蔵文化財センター

4月22日に旧県立芸術会館(芸館)跡地に、県立埋蔵文化財センターがリニューアルオープンしました。
大分の歴史を無料で学べる展示室と考古情報室が設けられ、発掘現場で見つかった遺物の整理作業も見学できます。
当社も依然、文化財部があり、文化財保存調査・修理と発掘調査支援業務を行っていましたので、センターとの関わりは深く、お世話になりました。
オープンから行われている開館記念企画展『大友氏の栄華~宗麟を巡る7つの鍵~』にゴールデンウィーク中に行ってきました。
目を引いたのは、期間限定で展示されていたザビエルの胸像で胸にザビエルの肘の骨が納められているそうです。また、1667年にベルギーの首都アントワープで出版された『全世界の教会史』には、挿絵に大友宗麟が描かれていたそうです!日本から遠く離れたヨーロッパでも宗麟が知られていたことを示す貴重な資料です。写真の中央にいるのが宗麟で、宗麟にフランシスコ・ザビエルが謁見している様子を描いたものだそうです。
圧巻なのは、「豊の国考古館」の中にある“土器壁”です。大分で出土した217点の土器が壁一面に展示されています!
土器の色や形の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか!


イベント
最後に、連休中展示遺物の中から“これは!”と思うものを選んで投票アンケートに答えるとプレゼントもあたるイベント「OMB48総選挙」が行われていました。
私事ですが、見事当たりました。プレゼントは『巴形銅器』と『神20カード』でした。
ありがとうございました。
皆さん、是非、埋文センターに行ってみてはどうでしょうか???
なお、上記の写真はセンターのフェイスブックから引用しました。

プレゼントの巴形銅器

プレゼントの巴形銅器

プレゼントの神20カード




2017年6月5日月曜日

境橋で地元説明・見学会

6月1日、国道交通省大分河川国道事務所発注の境橋現場において、次の工区を担当する(株)川浪組さんと地元の人たちに工事の説明、見学会を開催しました。
本工事は、既設の床版を取り替える工事であり、一昨年から始まり、当社はP2橋脚~A2橋台までの上り線を担当しました。

現場は24時間片側交互規制がかかり、地元の人たちには長期間にわたり迷惑をかけていたため、工事の内容、難しさ、そして長期間かかることを理解してもらうために実施しました。

現場のすぐそばにある、お食事処「川原驛」で工事概要を説明しました。


1時から、皆さんにヘルメットを着用してもらい、現場の説明を行いました。皆さん、なかなか現場を見る機会がないので、質問の嵐となりました。



工事の難しさを理解していただき、最後に女性の参加者の希望で、記念撮影をして終了しました。有意義な見学会でした。

記念撮影



2017年6月1日木曜日

6月の早朝街頭啓発活動

1日、定例の交通安全の早朝街頭啓発活動を行い、17人が参加しました。

また、今日は、別府警察署から交通担当係の署員が一緒に街頭に立ち、

交通安全活動を行いました。

今年は昨日までに17人の方が交通事故で亡くなっています。

昨年と比較し、3人増。事故件数、負傷者も増加となっています。

事故の特徴は、昨年に引き続き高齢者の事故が多いようです。

また、国道での事故が多くなっています。

皆さん、『安全は 心のゆとりと 早めの出発』

当社のスローガンを実行してください。





2017年5月12日金曜日

第1回 草刈りと清掃

本日、12日。

ラジオ体操終了後、当社の3か所の駐車場と合わせて、

周辺の歩道・道路の草刈りと清掃を行いました。

これは、社員が、交通安全運動以外に社会貢献をしようと

経営会議で提案し、毎月1回程度で実施することになりました。

本日が第1回目。

曇り空の中、8時過ぎから9時前まで20人ほどが参加し、

見違えるほどきれいになりました。ご苦労様でした。

今後も実施しますのでよろしくお願いします。




社長一人で道路の草刈り、頑張る~!

なんとごみ袋24個!!!
追伸:私は、皆さんに参加要請メールをしましたが、
   当日、現場直行で不参加。
   申し訳ありません。次回は参加します。



2017年5月11日木曜日

南立石現場の安全標示

現在、別府一の宮線の南立石地区において、

昨年4月の震度6弱の地震で被害を受けた道路の補強工事が

始まりました。6工区で行われています。

当社の現場の山側には、安全標示、会社方針のキーワード『凛として』

そして別府温泉の宣伝。

これらの横断幕が掲示されています。

ドライバーの皆さん、事故を起こさないよう、見てください。

上空から現場を望む


別府温泉宣伝と『凛として』

安全標示

作業構台

作業構台
これから、ブロック擁壁の補強を行います。

現場は片側2車線のうち、谷側が規制され、残る1車線が狭くなっていますので、

ドライバーの方は、気を付けて運転されて下さい。ご安全に。


2017年5月8日月曜日

無事故日連続555日

5月7日で、自動車事故の無事故日数連続555日を達成。

社員の皆様、安全運転ご苦労様でした。

会社からご褒美に、和紅茶と茶菓子のセットが社員全員に

配布されました。ありがとうございます。

      でも、8日に・・・・・・・???

また、GW中には大分市内において高齢者の運転する車が病院に突っ込むという、

大変大きな交通事故が発生しました。

昨年末頃から全国的に高齢運転者による重大交通事故が続発し、
 
社会的関心が高まっていますが、大分県でも類似の事故が発生しました。
 
 当社の交通安全スローガン:『安全は 心のゆとりと 早めの出発』

 皆さん、以下の点に注意して運転してください。
 
■ 交差点での確実な安全確認 → 確実に首を振って確認すること!
 
■  前方注視の徹底 → 車内、車外への脇見の禁止!
 
■ 発進・停止時の確実なギア・ペダル操作

 →発進または停止時、慌てたり、焦りがあると誤操作による事故が起こりやす
いこと! 
 
■  3秒の車間距離 → 「ゼロ1、ゼロ2、ゼロ3!」ゆとりの運転!

皆さん、これからも無事故無違反で『思いやり運転』を実行しましょう。

ご安全に。



5月度 早朝街頭啓発活動

5月8日、ゴールデンウィーク明け初日に、

五月晴れの中、早朝街頭啓発活動を行いました。

休み明けということと、先月の経営会議でこの活動を会社のボランティア活動と

位置づけ、自由参加としました。

参加者人数がどの程度となるか、不安がありましたが、

なんと26人が参加。ありがとうございました。

また、今回は、横断幕をオーダー新調し、掲示し、

今までの紙媒体の横断幕も掲示し、活動を行いました。

これからも継続していきますのでよろしくお願いします。



オーダー新調した横断幕

紙媒体の横断幕